インテリア・カラーコーディネート

部屋作りで大切なポイントに色があります。
同じレイアウトで同じ家具を使っていても色が違うだけで部屋の印象はずいぶんと違って来ます。

さらに統一感の無い色使いの部屋と同系色でまとめた部屋でもその印象は変わります。
ここでは、カラーについて見てみましょう。

カラーイメージ

部屋のイメージは色だけでも大きく左右されます。そんなカラーイメージを見ていきましょう。


明るさと清潔感の代表の様な存在の白です。人気の定番色ですね。

灰色

落ち着いた感じを与えてくれます。若者に人気の傾向。

ベージュ

暖かさと落ち着いたイメージを持たせてくれます。この色の壁紙を使用している部屋が多いのではないでしょうか。

自然の緑をイメージして安心感を持てる色です。淡い色だと視力の回復にも影響するとか?

桃色

活動的で行動的なイメージがあります。あまり使うと落ち着かなくなるのでポイントで使うと良いと思います。

清涼感や爽やかさを出してくれます。 色彩が濃いと気分が落ち込みやすいので注意。

オレンジ色

太陽をイメージさせてくれます。 明るい部屋になります。

インテリアのカラー

インテリアの色を決める作業過程です。

これをしっかりとやっておけば統一感のある素敵な部屋作りが出来ると思います。

ベースカラー

どんな部屋にしたいのかを漠然とでも良いので決めます。

雑誌などを参考にしても良いでしょう。

ベースになる色を決定します。

これは自分の好きな色よりも、落ち着いて何にでも合いそうな色にして方が良いでしょう。

アクセントカラー

ベースカラーだけだと平面的なイメージの部屋になってしまいますので
アクセントカラーを入れます。

これは自分の好きな色でも良いですが、ベースカラーとの調和も考えて選びましょう。

ベースカラーとアクセントカラーのバランスを考慮したインテリア選びを心がけましょう。

カラーを決めるポイント

床と天井では色の影響は床の方が強いです。
部屋全体を明るい雰囲気にしたいときには、天井を壁よりも明るめにするといいでしょう。
そして壁より暗めにすると落ち着いたイメージになります。
カラーさえしっかりと理解できれば、快適さ・高さ・周りとの兼ね合い、
これを守れば間違いないです。

壁の色はやはり目を引きます。ですのであまり目立ちすぎない色を選ぶことをオススメします。
家具 以外に目につく家具は壁や床、天井に合わせて、その色のバランスを崩してしまわないような色を選美ましょう。

おすすめWEBサイト 5選

性病検査
http://www.cellsee.jp/

Last update:2015/1/15