家具の基礎知識をマスターしてインテリア家具を更に楽しもう!

家具基礎知識

良い家具を選ぶ為にはやはり、家具の特徴や性格を知っておく必要があります。

自分に合った最高の家具を見つける為、そして長く使える家具を探す為にも家具も基礎知識をしっかりと見ていきましょう。

家具の大きさ

 

家具の大きさのを見るときにはW・D・Hのアルファベッドでサイズが表示されている場所を見ます。
大きさや用途により様々なものが存在しています。しっかりと確認しましょう。

このアルファベットがどの部分のサイズかを表しているのです。

W・・・幅 
D・・・奥行き
H・・・高さ

商品:イス
サイズ:W450×D500×H690 (mm)

という商品があった場合には、イスを正面から見た時の横幅450ミリ、横の側面奥行き500ミリ、床からイスの一番高い所までが690ミリという風に読みとる事が出来ます。このようにいちいちメジャーを持って家具屋に行かなくても家具のサイズを知ることが出来るのです。

また、商品によっては下記の記号も使われます。
L・・・ベッドの全長
MH・・・床からベッドマットレス上面までの高さ
SH・・・椅子の座面までの高さ

家具を置いてはいけないスペース

家具にも置いて欲しい所とあまりおいて欲しくない所があります。
それは空間的にあまり良くない所であったり家具自体の寿命を縮めてしまうものであったり、色々ですが。設置を避けることをお勧めするポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

壁家具を付けておくこと 壁とソファなど壁にくっつけておきなくなりますが、特に湿気の多い時期等はそのままにしておくと大変なことになる可能性があります。裏を見てみるとソファーや収納家具の裏面にびっしりとカビなんて事があります。10センチくらい隙間を空けて空気が通る用にして置くことも大切です。

直射日光の当たる場所 紫外線はお肌の大敵です。この考えは、家具にも当てはまります。太陽の強い日差しを長い間浴び続けると、家具の変色の原因になってしまったり、家具自体が劣化しやすくなったりします。 どうしても日の当たる場所に家具を置くことになる場合には、日差しの強い日中だけでもレースのカーテンを閉めると良いです。レースだけでも紫外線はかなり防ぐことができますよ。

pickup

ipad 修理
http://www.ipad-castle.com/

2015/1/15 更新