家具のお手入れ方法

人にもそれぞれ個性や特徴があるように、家具にも素材や機能でそれぞれに様々な特徴があります。
長く付き合って行きたい家具だからこそ色々と悩みながら選んだはずです。
いつまでも見ていたいデザインだから今日もそこにあるはずです。

これからももっともっと長く大切に家具を大事にしていく為に、家具の素材別のお手入れの方法を紹介していきます。
一人暮らしは、実家暮らしの方に比べて、中々干したり出来ないと思いますので、
尚の事大事にする為に、是非ともお手入れ方法をマスターしてください。

家具の素材別お手入れ方法

木部

普段は、柔らかい乾いた布で乾拭きを軽くしてください。
あまりにも汚れが目立ってしまう場合には、中性洗剤をお湯で薄めてそれを軽く吹きかけた布で目立つ汚れを拭き取って、よく水拭きをして、汚れが落ちたら柔らかい布で乾拭きをしします。

ここで化学ぞうきんを使用してしまうとツヤが消えてしまったり、シミになってしまう原因になる場合があるので使用しないで下さい。

合成皮革・ビニールレザー

これも木のお手入れと同じように柔らかい布で乾拭きが基本的なお手入れ方法です。
飲み物のシミや食べ物の汚れが合成皮革に付いてしまった場合には、これも中性洗剤をお湯で薄めてそれを軽く吹きかけた布で目立つ汚れを拭き取って、よく水拭きをして、汚れが落ちたら柔らかい布で乾拭きをしします。

注意したいのはビニール製品などを、あまり長い間置いておくと、変色の原因になる場合がありますので注意しましょう。

革張地

これも普段は、柔らかい布での表面の乾拭きが基本です。
こちらも痛むので化学ぞうきんの使用は避けたほうが良いでしょう。
軽い汚れを落としたい時は蒸しタオルで拭き、乾拭き。汚れが目立つ時には、中性洗剤をお湯で薄めてそれを軽く吹きかけた布で目立つ汚れを拭き取って、よく水拭きをして、汚れが落ちたら柔らかい布で乾拭きをしします。

この時に変色しないか見えない裏の部分などで試してから拭きましょう。
そのあと空拭きすればバッチリです。

プラスチック・金属部

取っ手部分・蝶番などの、金属類は買ったときからその表面に、サビ止めや変色防止の塗装が塗られていますのでいつものお手入れの場合には、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。

汚れてしまった場合は、お湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、その後よく水拭きしてから、乾拭きして、ここからがポイントですが、洗剤でふき取ると潤滑油まで取れてしまうので金属部には、さらに潤滑油を薄く塗っておきます。

マットレス

ソファベッドやベッドのマットレスのお手入れとしては、座っている部分や寝ている癖でそこだけがどうしても変形してきてしまうので、局部的な変形防止のために、年に3, 4回は反転・逆転させるようにしましょう。
これだけでもかなりマットレスの寿命が延びますので、是非とも実践してください。
これだけでも変形を防いで、長持ちします。

マットレスにもこだわっているかと思いますので、出来るだけ長く使用したいですものね。

家具に傷が付いたとき

家具に傷が付いてしまった時ですが、少しの小さい傷の場合なら、
ホームセンターなどで売っているクレヨンタイプの補修材で目立たなくすることが出来ます。

大きな傷の場合には直すことが難しく、また素人が簡単にやってしまうとかえってひどくなる場合もありますので購入した家具屋さんに相談するか、家具直しの専門店を見つけてお願いしてみましょう。

check

東京での貸切バス手配
http://www.kstravel.co.jp/

Last update:2015/1/15