寛ぎ空間の演出に欠かせないソファ!ソファの選び方や特徴を紹介!

ソファやソファベッドは安らぎ空間を演出する最高のインテリア

ソファだけでなく、家具を買う前に、しっかり選んだのに、部屋で使うと何か合わない…なんて思ったことないですか?

私は、動物が好きなので、わんこの置物を庭にに設置してみたら大きさがあわなくて凹んだ思いがあります。

こちらでは、私のような失敗をしない為にも、具体的にソファの購入時にどういったことに気をつければ良いかお伝えしていきます。

まずはソファ購入時に決めなくてはならないことがいくつかあり、
これが定まっていないと、ソファの選び方なんて無理ともいえます。

ソファの選び方を正しいものにするためにも、どのようなソファが必要なのか、チェックするポイントを紹介します。

何人掛けのソファが必要なのか

一言でソファと言っても様々なサイズや様式があります。 家具の購入時にサイズはとても大事な要素です。   主に誰が座るのか、も決めておきましょう。

ソファのスタイルを決める

ソファを置く場所の感じを見ることはソファを選ぶ際の重要な判断材料にもなります。自然、北欧風、和風、モダン、アジアンテイスト、ロック、80年代風どんなイメージでソファを楽しみますか

ソファの高さ

購入するソファを置く場所が洋室の場合や和室の場合かでも変わってきます。純和風テイストの畳とふすまのある和室に置くソファがハードなデザインだと合いにくいですね。

上記3種をしっかりと覚えておき、失敗しないソファの選び方を心がけましょう。

ソファの生地による選び方

ソファやソファベッドに使用される生地はどんなものがあるでしょうか。

たくさんある中から自分の求めるソファの座り心地、ソファベッドの寝心地の風合いを見つけるには、
ソファやソファベッド二使用される生地の特徴を知るべきです。
今回はソファに多く使われている皮を見て行きましょう。

合成皮革

人工的に革の感じを再現した素材です。
車のシート、靴などによく使われているのを見たことがあると思います。

汚れを、水で薄めた洗剤等で落とせるので、本皮革の製品よりも簡単に手入れできます。 

本革

牛やバッファロー等の革をソファに使います。
耐久性もあって抜群の肌触りでその高級感はやはり一度は経験したい素材ナンバーワン。

しかし本革は乾燥に弱いというデメリットがあるのでオイル等でお手入れしなければなりません。 

ソファのどこを重要視するか

世の中の星の数ほどあるソファやソファベッド、年々そのデザインや種類は増え続ける一方です。
自分の求めるソファやソファベッドの何を重要視して選択するか?
デザインによる選び方、色を優先した選び方、素材による選び方、いくつかの選び方を紹介します。

幾つかの優先順位を下したソファ・ソファベッドの選び方

ソファやソファベッドの役割というのはリラックスが一番大きい要素だと思います。
でも座り心地だけを中心にソファやソファベッドを選べば良いか、といえば簡単なものでもないです。
座り心地だけを重視した選び方を行うと、ウレタンが大量に入ったソファやソファベッドばかりになってしまいます。

ぼってりとした野暮ったい印象の場合が殆どです。ですので座り心地を優先する選び方は、デザインも気に掛けてあげましょう。 すっきりのシャープでクールなデザインのソファを探している人にはなかなか気に入って貰えないと思います。でもソファやソファベッドの本来の役割である心地よさをないがしろにするわけにも行きませんので、難しいところです。

素材によ選び方を見て行きましょう。 本革のごっついソファ矢ソファベッドを探している!こんなハッキリとしたイメージでお気に入りのソファベッド等を探しに行ければ良いのですが、漠然としたイメージである素材だけの選び方も難しい事だと思います。

素材だけでなくカラーと部屋のイメージに合わせた選び方というのも大事なポイントではあるのです。
しかし、ソファベッドの選び方は少なくともリラックスするための場所を求める限り、座り心地も外せないポイントの1つとして選択肢の中には入れておくべきでしょう。

良いソファベッドになればなるほど値段もそれなりになりますし、デザインや色が飽ても、簡単には買い換えできるワケでは無いですからね。1つのアイデアとしては座り心地の良いソファの選び方で、自分の好みのカバーでイメージや雰囲気を変えるのも賢い選び方かもしれません。

もちろん最後にはソファやソファベッドに座る自分の趣味による選び方になると思うので、長く付き合っていける家具という視点から考えてみても、座り心地を重視したソファの選び方がやはり重要な事とでしょう。

Valuable information

Last update:2017/1/27